白根学園について

法人の歴史

吹き出し

未来を見つめて

full of smile
「障害のある子供たちに、教育の場を!」
自らも障害のある子を持つ、創設者・三木信之・芳夫妻の活動によって、
5人の子供たちを迎え入れてから、半世紀以上。
彼らの夢や希望の実現に向けて、様々なサービスを開拓してきました。
これからも、利用者さんたちの望む未来を、一緒に創っていきます。

1960年5月12日

(契約施設) 子ども5人を受け入れ

1961年2月

財団法人として認可

1961年10月

児童福祉施設として認可

1963年1月

社会福祉法人として認可

1963年9月

入所更生施設「成人寮」開設(現、光の丘)

1973年7月

通所更生施設「成人寮通所」開設(現、風の丘)

1976年5月

通勤寮「白根青年寮」開設(現、自立サポートセンター 歩)

1982年4月

グループホーム「白根ホーム」設置 ※2017年現在、法人全体で48箇所のグループホームを展開。

1985年4月

通所授産施設「白根学園通所授産所」開設(現、社会就労センターしらね)

1990年5月

入所更生施設「第二成人寮」開設(現、しらねの里)

1999年4月

分場「成人寮通所分場」開設(現、麦の丘)

2000年4月

地域生活支援センターしらね開設(現、地域生活センター 和)

2001年4月

分場「白根学園通所授産所分場」開設 (現、社会就労センターのぞみ)

2001年10月

横浜市障害者自立生活アシスタント委託事業 受託

2007年4月

障害者自立支援法施行に伴い一部事業移行

2008年4月

法人名称を「白根会」から「白根学園」へ変更 各施設を新事業体系へ移行(通勤寮を除く)

2008年5月

障害者支援施設「希望」開設

2010年4月

「しらねの里・げんき」開設

2011年

通勤寮を宿泊型自立訓練事業へ移行し、「自立サポートセンター歩」へ名称変更

2013年3月

「工房 蛍」開所

2013年11月

「工房 金魚」開所

2014年1月

「相談支援センター コンシェル」開設

2016年4月

「光の丘相談室」開設(横浜市二次相談支援機関)

創設者三木と女性。プールで遊ぶ施設の子供たちの様子。
利用者が鶏卵を取る様子。
施設の子供が海水浴前の準備運動をする様子。こども二人が机に向かって勉強する様子。