取り組み

働く

働きがいあっての、豊かな毎日
仕事も遊びも、思い切り活躍し、楽しめる舞台を
1985年、働く喜びを求める利用者さんたちの声に応え、「白根学園授産所」が立ち上がりました。クリーニングから始まった事業も、利用者さんの数に応じて作業種が増え、拠点が増えていきました。
ここでは、「工賃の向上」と「生活の支援」を車の両輪として大切にしています。例えば、利用者さんから人気の製菓・製パン。職員はプロに弟子入りして味の向上につとめ、コンテストやイベントで商品をアピールしようと奮闘しています。 地域や公園の清掃では、ご近所の方々から感謝の言葉を頂いたり、受注作業で組み立てたボールペンがお店で販売されているのを見て「僕が作ったボールペンだ」とやりがいを感じることができる仕事です 利用者さんの働きが世の中で喜ばれ、工賃が還元されるよう、試行錯誤は続きます。
また、「生活の支援」については、利用者さんが毎日笑顔でご自宅に帰れるように、ご家族と連携しながらきめ細やかにサポート。
ここで働いてみたい利用者さんも、プロからも認められた自慢の味が気になる地域のみなさんも、ぜひ一度遊びに来てくださいね。
関連の事業所

 
 

就労支援って、こんな感じ 〜1日の流れ〜