取り組み

相談する

よりよい地域生活のために、
しぼり出す知恵
法人の利用者さんの声をはじめ、地域のみなさんの声を形にするために
法人では、2つの形で相談支援事業を展開しています。
1つ目は、国の制度改革によって生まれた、「計画相談」。以前は市町村が担当していた福祉サービス支給開始までの手続きを、福祉サービス事業所が行うことに。当法人では、各事業所から職員を派遣してサービス利用計画に携わり、利用者さんやご家族の声にしっかりと耳を傾ける機会ができて、本当に良い変化でした。
2つ目は、横浜市独自の「二次相談」。相談機関や福祉サービス事業所の専門的なアドバイザーとして、協力しながら課題を解決していきます。その他にも、横浜市のモデル事業として、中期的な入所を通した地域復帰「ミドルステイ」など、新しい取り組みにチャレンジしています。
待つのではなくこちらから地域へ出て行くような相談を。これからも挑戦は続きますが、一番伝えたいことは、様々な専門職種が揃う相談の「何でも屋」だということ。障害に限らず、何か困ったことがあったら、いつでもどうぞ。
関連の事業所